夫婦仲が悪い男性の三つの特徴!こんな男性は嫌われる?

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン
夫婦仲が悪い男性の三つの特徴!こんな男性は嫌われる?

夫婦仲のが悪い男性の特徴は主に三つあります。

仕事に夢中!ほとんど家に居ない男性

一つ目は、仕事に夢中で、ほとんど家に居ない男性です。ほとんど家に居ないので、妻の話を聞いてあげることもできず、家のことは全て妻に任せっきり、子供がいれば、家にいつも居ないので、子供も懐くことはありません。その事が原因で、妻はストレスを溜め込んでしまい、夫婦仲が悪くなってしまう事が多いです。改善するには、家族サービスを行う事がとても大切な事です。仕事が忙しくない時に、有給を使って、どこか旅行に連れていったり、週に一度は早く帰って、妻の家事や育児を手伝ったりするなど、対応していかなければなりません。せっかく縁あって家族になったのですから、家族との時間も大切にする事により、夫婦仲は改善されていくでしょう。

家庭に悪影響を及ぼす男性の趣味

二つ目は、男性の趣味です。恐らく妻が家計管理している家庭が多いと思います。そんな中で旦那が趣味に没頭して、多額のお金を使ってしまう方も、夫婦仲が悪くなる原因の一つです。特に、パチンコやパチスロ、競馬や競艇などのギャンブルが趣味の方は、夫婦仲が悪くなることが多いです。決められた範囲内で、お金を使いすぎず、楽しむ程度ならば良いのですが、没頭して、お金を使い過ぎて、いつの間にか借金をしていたなどの話もよく聞きます。また、趣味に時間を使い、家族との時間を取らない方も夫婦仲の悪くなる原因の一つにあります。趣味なので、行うのは構わないのですが、何事にもほどほどにするようにしましょう。週に一度だけでも、家族の時間を作り、買い物や遊びに一緒に行くだけで、夫婦仲の改善を行っていくことが出来ます。

亭主関白な男性

三つ目は、昔ながらの亭主関白な男性です。今の時代亭主関白では、上手く家庭がいきません。その理由は、一昔前は、専業主婦が多かったのですが、今は不景気の影響もあり、共働きが多くなっています。仕事をして、家の家事も行ってでは、妻の負担が酷くなり、不満も大きく溜まってしまい、夫婦仲が悪くなることが多くなっています。改善するには、少しでも家事を手伝ってあげましょう。妻がご飯を作ったから皿洗いをするなどだけでも、妻の負担が減り、夫婦仲が改善していくでしょう。現代のライフスタイルは亭主関白では上手くいきません。アメリカも昔は男性中心の国でしたが、今ではレディーファーストの国になりました。日本もその時期に来ているのかも知れません。

まとめ

以上、三つが夫婦仲が悪くなる男性の特徴です。どれも共通するのが、家族との時間を持ち、家事を手伝って、話を聞く、この原則を忠実に守っていけば、夫婦仲が悪くなることはないでしょう。特に女性は、話を聞いてもらいたい生き物なので、疲れていても話だけは聞いてあげるようにする努力をしましょう。夫婦仲が悪くなると、子供の成長に悪影響という話もありますし、まして離婚となれば一番傷つくのは子供です。出来るだけ家族の為に尽くすことが、夫婦仲を良くする要因なので、まずは話を聞くことから始めてみましょう。

夫婦仲を改善するための詳しい方法なら「夫婦仲を改善するラブラブレッスン」をお試し下さい。この心理テクニックを使えば新婚当時の夫婦仲に戻ることが出来ます。

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)