夫婦仲が悪い女性側の特徴の一部として「旦那を尊重していないこと」と「ヒステリックや神経質」があります。悪くなったということは、良くするチャンス!

夫婦仲が悪い女性側の特徴の一部として「旦那を尊重していないこと」と「ヒステリックや神経質」があります。悪くなったということは、良くするチャンス!

夫婦仲が悪い女性側の特徴の一部として「旦那を尊重していないこと」と「ヒステリックや神経質」があります。女性側が働いている旦那様を見下してることです。つまり、「亭主元気で留守がいい、金持ってこい…」では、尊重の欠片もありません。それが無意識の態度に出て相手を無自覚で傷つけています。

具体的には、以下のような態度です。

旦那に無関心で見下して隣の芝生を青く見る…

旦那さまに興味がなく、どこで何をやっていたか、誰といたか、旦那が浮気してる?不倫してる?など全てに無関心。「無関心」は夫婦仲を悪化させます。そして、お金を家に入れてくれたらそれで良いと「旦那をATMだと思っている」など、旦那の役割はお金を作る事だとしか考えていないことも問題です。

そして「旦那は何をやってもダメだ…」と見下している、そして「隣の芝生は青く見えるが如く」、他所の旦那さまを良く見る。外部に媚びて、内部を傷つける。これも夫婦仲が悪くなる原因です。尊重せず、見下して、良いところを見ず、外を良く見て、内側のことは不満だらけ。これでは家庭を築けません。

旦那に無関心で見下して隣の芝生を青く見る…、これは虐待が起こる「機能不全家庭」でよくあることです。

旦那をディスカウントし、無視し、見下し、ダメな人間だと悪い暗示をかけて、そして外に媚びていく。これでは良い夫婦関係を築くことは出来ません。呪いのような悪い暗示をかけ続けることで、相手はますますダメになっていくのです。

そして、このような相手を見下してしまう人は、自分で自分自身を見下しているのです。つまり、本当の自分を大切に出来ていないのです。だから、旦那様のことも見下してしまうのです。自分が自分を扱っているように周囲の人を扱いやすいのです。とくに共依存関係においては。

ヒステリック、神経質な性格

夫婦仲が悪い女性は、100%性格が悪い女性ばかりではありません。ただ、家事や育児など自分しかできない事でストレスや負担、責任がつのって性格が変わる場合があります。一般論などで「結婚したら性格が変わった。」と聞いた事がありませんか?それは、将来を見据えて責任が生じたり、身内になれば暗い部分が見えてきたりするからです。

そういったストレスやずっと一緒にいるマンネリ、育児や家事の負担増などが性格を変え、ヒステリックや神経質な性格を生み出します。あとは、過去のトラウマを抱えたままだとヒステリックになり、神経質にもなります。そういった場合は過去のトラウマを癒していくことも大切です。

旦那さんに向かって「なんでそんな事もできないの!」や「私だって忙しいの!あんたは仕事だけして家では何もやってないでしょ!」と感情をぶつけるヒステリックさや、「なんで靴を並べないの!」「洗濯物の干し方はそうじゃないよ!」など些細な事が気になる神経質さが特徴です。そして、そんな女性と一緒にいる旦那さんは奥さんに嫌気が差し、夫婦仲が悪くなっていきます。夫婦仲はさらに女性のストレスを増やし、余計にヒステリックさや神経質さが増すと悪循環になります。

夫婦仲が悪い女性というのは、以外にも職場やご近所付き合いなどが上手な場合もあります。つまり、仲が悪いのは相手が旦那さんで全てをぶつけられる仲だからとも言えます。そのため、まだ夫婦仲を回復する希望はあります。まずは話を聞いてあげて、奥さんのストレスや負担を減らすのが仲を回復するきっかけですよ。

心の傷を癒して、問題解決をしていき、余裕を作り出していくことが大切です。

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦になるための「夫婦仲を改善するラブラブレッスン」は、夫婦仲を改善するための人気の方法です。このマニュアルを読んで学習することで、あなたも夫婦仲を改善する近道を知ることが出来ます。何も知らないまま行動する良いも、近道を知ってから行動するのでは、かなり差があります。この機会に、夫婦仲を改善してみませんか?

悪くなったということは、良くするチャンスです。良くすれば、成長できます。成長した分だけ未来は明るくなります。

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン
ラブラブレッスンでも無理なら・・・
深い部分にある「まとまり」を紐解くことで
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)