夫婦仲が悪い時の子供にかかる影響を軽減すると方法

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン
夫婦仲が悪い時の子供にかかる影響を軽減すると方法

子供の成長において夫婦仲の良し悪しと言うのはかなり大きな確率で影響をきたします。特に小学生から中学生にかけての子供が精神的に1番敏感な時期に夫婦仲が悪いとすると子供に対する影響が大きいですので気をつけないといけません。そして夫婦仲が悪くなる原因は日々の生活の中のとても些細な所に原因があるごとがあるのでいくつか例を挙げてみましょう。

先ずは部屋が汚いことです。特に旦那様に関しては仕事帰りに家に帰って来ると落ち着きたい所が散らかっているとさらにイライラしてしまって落ち着けなくなってしまいます。また一般的に男性は散らかっていることが気になり、女性はホコリがあることが気になると言われているので、解決策と致しましては夫婦で片付ける当番を決めておくと良いでしょう。特にお子様も綺麗な環境の方がリラックスできるはずですので些細な夫婦喧嘩はなるべく辞めましょう。

また特に普段から喧嘩をしている訳ではないのですが、そもそも夫婦間の会話が少ないと言うケースがあります。これは当人同士が気にしていなくても、小さなお子様からすると『どうしてお父さんとお母さんはお話をしないのだろう』と仲が悪いという風に見てしまいます。ですので話す内容が見つからないと言う場合には普段思っていることや感謝の気持ちなどを言葉を使って表現する様にしましょう。そうすると同じ環境下にいるお子様も幸せな雰囲気を感じながら成長していくはずです。

次にご紹介をさせていただくケースは、元々夫婦仲が良かった物の、子供ができると女性は今まで旦那様に注いでいた愛情を子供に向ける様になります。当たり前と言えばそうなのですが、男性とすると寂しさや物足りなさを感じでしまって家の中の空気が重くなってしまう場合があります。ですので女性からすると子育てをしながら旦那様のお世話と言う事で少し大変かも知れませんが、最近夫婦間の会話が減ってきたなと感じた場合にはご自分の愛情が極端にお子様に傾いていないかを事後分析してみて、もしそう感じたならばお子様が寝た後などに旦那様に少し甘えてみたり、今日一日あった事を話してみたりコミニュケーションを取ってみると良いでしょう。特に男性は女性の大変さを知っているからこそなかなか話しかけにくい場合もあります。ですのでお子様がそんな雰囲気を察しないためにも女性側が気を使う様に致しましょう。

最後にご紹介をさせていただく内容ですが、昔から『目は口ほどに物を言う』と言います。子供は大人以上にとても敏感です。ですので大人が気がつかない部分を見ていることもあります。その中の一つにはお互い目を見ていないで会話をしていると、仲が悪いのではないかと違和感を感じることがあります。ですので会話をする時にはなるべく相手の目を見て話す様な修正を付けておくとお互い愛情を持って会話をしていると感じで安心する場合があります。ちょっとしたことなのかも知れませんが、お子様に夫婦仲が悪いと思わせないテクニックの一つだと思って実践してみて下さい。

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)