夫婦仲が悪くても離婚を回避できる方法とは?

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

人生を共に歩むと決めたのにお互いの気持ちがすれ違い、いつの間にか夫婦仲がこじれてしまったと言う方は大変多くいらっしゃると思います。しかし、どんなに夫婦仲が悪くてもちょっとした事で、関係を修復する事が可能である事はご存知でしょうか?きっと今この記事を読んでいる方の中には、夫婦仲を何とかしたいと考えている方や、何とかして離婚を避けたいと考えている方も多いかと思います。では、どんな方法で夫婦仲を修復すれば良いのでしょうか?簡単にできる方法を挙げてみましたので、是非参考にして頂けましたら幸いです。

1.愛する妻が路線バス不倫!T川陽介さんの圧倒的包容力で離婚を回避

路線バス乗り継ぎの旅で人気者になった、T川陽介さんの美人妻が仕事関係の男性と不倫愛に走ってしまったのは、記憶に新しいですよね。このニュースを見た女性の方々からは「あんな旦那さんが欲しい」「神対応!」と大変話題になりました。奥様が不倫愛に走ったのに、動揺を抑えながら「妻だから信じる」「離婚は無い!」と宣言されたT川さんは本当に素敵でした。このご夫婦の場合、奥様が旦那様を少し物足りないと感じていたのかもしれません。

そんな中で油断をして大胆な行動に出てしまった「限りなく黒に近い」奥様を「妻だから信じる」「奥さんを守る」とT川さんが言い切った事で、普段は感じる事の出来ない夫の包容力を奥様が強く認識して「この人を逃したら、私は誰に守って貰えばいいの?」と、夫の価値を見直すチャンスを与える事ができたのかもしれません。このケースは、逆に男性が浮気に走ってしまった場合でも有効です。例え黒だと分かっていても、夫を攻めて離婚の方向に向くよりも、逆に「あなたを信じる」と自信と余裕を持って宣言する事は、関係を良好にする起爆剤となり、冷めていたパートナーの気持ちにフックがかかるかもしれません。

2.話合いにならない喧嘩夫婦でも離婚は回避できる?

離婚の原因は様々です。細かな要因が積み重なり糸の様にもつれてしまうと、話合おうと思っても簡単にはいきませんし、口を開けば喧嘩になってしまう夫婦もいらっしゃる事でしょう。しかし、夫婦仲が悪い状態であっても、離婚に向かわない様にお互いの関係を修復する事は可能です。まず、パートナーに伝えたい事を手紙に書き、一人の時に読んで貰うことで喧嘩を避けながら相手に気持ちを伝える事が可能なのです。ここで重要なのは、メールやLINEでは無く手紙を書くと言う事です。

今時、手紙なんかで本当に効果があるのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、手紙一通によって離婚を食い止められたと言うケースは意外と多いのです。手書きの手紙は、書き手の気持ちが素直に伝わるだけで無く、昔の気持ちを思い出すきっかけとなります。また、手紙なら読み手も感情的になりませんし、書く側も自分の気持ちを整理しながら慎重に言葉を選ぶ事が出来るのです。一番大事な言葉なのに、普段は言いにくい言葉(離婚だけはしたく無い、いつも喧嘩腰になってごめんなさい等)活字ですと、素直にサラッと表現する事もできるでしょう。面と向かって話難い事も、勇気を出して手紙に託してみてはいかがでしょうか?きっと話合いでは喧嘩ばかりのご夫婦にとって、一旦落ち着いてお互いを見直すチャンスが到来する事でしょう。

以上が離婚を回避するのに効果的であり、簡単にできる方法になります。夫婦仲が悪くなる原因は、不満が蓄積されていたり、パートナーに対して期待を持て無いと言う場合もありますが、離婚届けを出していなければどんな形であれ、まだ夫婦であると自覚を持って、諦めずにパートナーとコミュニケーションを取ってみて下さい。

たったの90日で新婚当時のラブラブ夫婦に!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)